2013年10月20日

外国人に対し、保険料徴収!?

☆ペナン島旅行・観光情報ブログ

保健省がタイへ入国する外国人に対し、3日未満の滞在に30バーツ、
3日以上、30日まで500バーツ徴収することを検討しているらしい。

外国人が治療を受けて、治療費を払わずに帰国してしまい、
その負担を失くすためっぽいのですが…。

目的が治療費なのであれば、旅行保険を持ってたり、
ワークパーミットを持ってる人は区別してほしいような気がします。
しないだろうけど…。

30日で500バーツだとしたら、年間6000バーツ…。
なんで関係ない外国人の負担をしなきゃいけないのかと思ってしまう。

基本的な考え方はビザや延長費用と何ら変わりなさそう。




posted by タイビザ at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビザ取得ツアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377881832
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。